FC2ブログ

好きな事(ほぼ映画)をまとまりなく書き出します(´・ω・)y--oO○

「マガディーラ」が気になって仕方が無い。→公式サイト
バーフバリ観てからインド映画に興味が湧き出してしまった。
しかし日本に入ってきているインド映画ってかなり少ない…。
バーフバリ出演者の映画なんて日本でディスク化されてないんですけどー(涙)
同監督作品「マッキー」はTSUTAYAでお取り寄せだった。
「マガディーラ」って2009年上映作品らしいけど、
バーフバリの原点という事で8/31(金)から日本公開予定!
(大きなシネコンではやらなそうです)

違う作品について長々と書いてしまった(´∀`*;)ゞモウシワケナイ
「ジュラッシク・ワールド 炎の王国」です!!
まず最初に言いたいのは邦題についてです(怒)
この作品の原題は「Jurassic World: Fallen Kingdom」になります。
炎ないじゃん!全然意味違う!!
Fallen Kingdom の意味は堕ちた王国もしくは王国の崩壊(直訳)だそうです。
正直その方が内容的にもしっくりきます。炎って感じじゃないですね~。
邦題に疑問を抱く事は結構あります。たまにとんでもないタイトルになっちゃってるのあるし。
もっとマシなタイトルだったらその時の映画観る人増えたんじゃない?って思っちゃう。
ジュラシックワールドは超有名な大作だからOKかもしれないが少しモヤモヤ。

内容としてはクリス・プラット演じるオーウェンが美女・恐竜・少女にモテまくる話です(笑)
まず島から脱出する時に恐竜に壁ドンならぬ床ドン?されながら顔をペロペロされてます。
T-レックスの寝込みを襲う時にも上半身をペロッとされます。
幼少期のラプトル飼育中には腕をカミカミされたり、ブルーに慰められたりします。
途中から出てくる重要な役割の少女からは初対面で抱きつかれます。
もちろんクレアやブルーともラブラブです。
オーウェン、あなたはモッテモテでムッチムチですね
だがしかし真の主人公はブルーだと思います!!
この映画、評価としては賛否両論みたいですね。
個人的には普通に面白かったですがやはり初代ジュラシックパークには敵わないかな。
うーんまだ前作の方が盛り上がりましたね。
理由としては人間の方に焦点を当てすぎた気がします。
室内シーンが多くて恐竜が大活躍するシーンがあまり無かった。

あと私はジュラシックワールドシリーズを4DXで鑑賞したのですが、
前に比べて臨場感がなかった。前作が凄過ぎたのかも…
前作はそれはもう凄かった!風がビュービューして髪バッサバサ、
何度背中をラプトルに蹴られたことでしょうか。そして水もかぶるかぶる。
本当にそのシーンにいるかのように感じて、とても興奮しました!臨場感半端ない!!
(濡れたまま風に吹かれるのですごい寒かったけど^^;)
なので今回はそれほどでもなくてちょっとがっかり。
でも最後にあるセリフを聞いてゾクッとしましたね。

「Welcome to Jurassic World.」

またそのセリフを言う人が!!あなたなんですね!!!
そう、これはジュラシックパークではなくジュラシックワールド。
私たちがいる世界は恐竜たちがいる世界。
監督は絶対これが言いたかったのよ!!
そしてまさかの続きエンド!?3部作かぁ~、やられた~~。
必ず次回作も観る──ヽ(o´・ω・`o)ノ──!!!
スポンサーサイト
2018.08.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://akaidensha.blog25.fc2.com/tb.php/5-c78da38a